防災を万全にして、もしもの時の地震に備えましょう

防災を万全にしよう

グラフ

チェックシート

たとえ地震が予測できても、避難に備えて準備していなくては意味がありません。
第2の関東地震が危惧されている中、もう一度防災について見直してみましょう。
そこで、役に立つのがチェックシートです。例えば事前に備蓄品の種類や数をまとめておいたり、地震が起きた時に持ち出す重要なものを一箇所にまとめておいたりすることで、いざという時に迅速に対応することができますよ。

脱出ルートを考える

自宅や会社、さらにはよく使う駅においても、事前に脱出ルートを意識しておくことで、自分の身だけでなく家族や友人を守ることができます。
特に自宅の脱出ルートを考えるときは、複数のルートを準備しておきましょう。そうすることで臨機応変に対応することができますよ。
事前に、2階から脱出する用の避難はしごなどを準備しておくのもいいですね。

火災を防ぐ

地震が無事に落ち着いたら、自宅の様子を確認すると思います。その時自宅が火災で全焼していたらショックですよね。そんなことが無いように日頃から火災対策をしておきましょう。
でも常に火災対策を万全にしておくのは大変ですよね。そこで役に立つのが地震予測です。1週間後に地震が起こる可能性があることがわかれば、その間に落ち着いて火災対策をすることができますよ。

備えあれば憂いなし

ここでは数ある防災対策の中から最低限押さえておきたいものを抜粋してみました。日本で生活する以上、地震は切っても切り離せない災害です。しかし日頃から防災を意識すれば、被害を最小限にすることができるので、地震予測を活用して今すぐ防災に取り組みましょう!